経理担当者の給与計算をサポート|人財管理及び顧客関係情報管理

女性

ストレスチェックの目的

女性

ストレスチェックと呼ばれる制度は、従業員が50名以上勤めている全ての国内企業において義務付けられた制度となっています。この制度が義務付けられた理由というのは、年々増加している過労や精神疾患による離職率及び自殺率の増加が挙げられます。それらの過労や精神疾患というのは、従業員が企業に対して抱える不満やストレスよって誘発されることが多いとされ、企業におけるストレスチェックが義務化されたのです。ストレスチェックの実施は一年一回とされています。ストレスチェックを行う目的というのは、企業に勤める従業員が自身の精神健康状態について知り、休息を取るきっかけを作るという点にあります。また、従業員の上司などの管理職においても、自身が担当する全ての従業員に対しての配慮を意識付けるといった目的で実施されます。
ストレスチェックの実施において勘違いされやすいのが、この制度の義務というのは企業側に課せられたものであるといった点です。つまりは、この制度の義務は企業側のストレスチェック実施義務であり、従業員の回答義務ではないのです。そのため、従業員が回答を拒否した場合、無理に回答させる必要はないのです。従業員が回答した際には、産業医によって回答結果に基づいた診断がくだされ、診断書が企業に送付されます。企業側はその時、その診断書を閲覧してはいけません。診断書の内容は回答を行った従業員のみに開示され、その診断結果によって、企業側の担当者に相談し産業医と面談を行うのです。企業側は、その診断結果に対し、従業員に対して不利益となる処遇を行ってはいけません。